管理人 紹介

Sur l'auteur de ce site



名前 足立 和彦(あだち かずひこ) Kazuhiko ADACHI

ブログ (Blog) (2007/04〜)
えとるた日記


著書 (Livres)
    『モーパッサンの修業時代 作家が誕生するとき』
  • 足立和彦 『モーパッサンの修業時代 作家が誕生するとき』、水声社、2017年10月、361 p.


著書(共著) (Livres écris en collaboration)
    『フランス文学小事典』
  • (事典項目執筆)岩根久・柏木隆雄・金崎春幸・北村卓・永瀬春男・春木仁孝・和田章男編 『フランス文学小事典』、朝日出版社、2007年3月.


  • 『Partons ! Parlons !』
  • (語学教科書)足立和彦・岩津航・木元豊・中畑寛之 『Partons ! Parlons ! ―フランス語でフランス一周』、第三書房、2010年3月、88 p.


  • 『Plume à la main』
  • (語学教科書)足立和彦・岩村和泉・柏木隆雄・林千宏・深川聡子・Chris Belouad 『Plume à la main ―新・フランス語作文』、駿河台出版社、2011年4月、74 p.


  • 『即効! フランス語作文』
  • (一般参考書)足立和彦・岩村和泉・林千宏・深川聡子・Chris Belouad 『即効(スグキク)! フランス語作文 ―自己紹介・メール・レシピ・観光ガイド』、駿河台出版社、2015年9月、224 p.


  • 『Clés pour la France』第3巻
  • (語学教科書)北村卓・足立和彦・林千宏・倉方健作 『Clés pour la France フランスを読み解く鍵』第3巻、Hachette Japon、2017年4月、89 p.


翻訳 (Traduction)
    『フランス自然主義文学』
  • アラン・パジェス 『フランス自然主義文学』、足立和彦訳、白水社、文庫クセジュ、2013年5月、160+viii p.


学位論文 (Mémoires) :
  • L'art fantastique de Maupassant
    (『モーパッサンの幻想技法』)
    修士論文(2003年3月、大阪大学に提出・受理)
    Mémoire de maîtrise présenté à l'Université d'Osaka, en mars 2003.


  • La genèse de l'esthétique réaliste de Maupassant jusqu'à Une vie – la poésie réaliste de Maupassant
    (『女の一生』に至るモーパッサンのレアリスム美学形成 −モーパッサンのレアリスム詩について)
    D.E.A.論文(2005年10月、パリ第4大学に提出・受理)
    Mémoire de D.E.A., présenté à l'Université Paris IV-Sorbonne, en octobre 2005.


  • La genèse de l'esthétique réaliste de Maupassant jusqu'à Une vie – la naissance d'un écrivain
    (『女の一生』に至るモーパッサンのレアリスム美学形成 −作家の誕生)
    博士論文(2012年2月、パリ第4大学に提出・受理)
    Thèse pour obtenir le grade de docteur de l'Université Paris-Sorbonne, en février 2012.


論文 (Articles) :
 GALLIA 掲載論文は Web Gallia に PDF ファイル形式で掲載されています。リンクはそちらのページへと移動します。
 (GALLIA : bulletin de la Société de Langue et Littérature Françaises de l'Université d'Osaka, Japon. Vous pouvez lire les articles dans le site Web Gallia.)
「フランス語フランス文学研究」掲載論文はCiNii(NII論文情報ナビゲータ)にて閲覧可能です。
(Et vous pouvez lire les articles dans Etudes de langue et littérature françaises, bulletin de la Société Japonaise de Langue et Littérature Françaises, dans le site CiNii.)

  • « Le trajet vers Le Horla – la « folie » dans les contes « fantastiques » de Maupassant »
    (「オルラ」への道程 −モーパッサン「幻想」小説における「狂気」)
    GALLIA, n° 43, 大阪大学フランス語フランス文学会, 2004年3月, p. 41-48.


  • « Le trajet vers Le Horla – la « peur » dans les contes « fantastiques » de Maupassant »
    (「オルラ」への道程 −モーパッサン「幻想」小説における「恐怖」)
    Études de Langue et Littérature Françaises, n° 85 / 86, 日本フランス語フランス文学会, 2005年3月, p. 89-105.


  • « Boule de suif : l'existence problématique de la prostituée »
    (「脂肪の塊」:娼婦という存在の抱える問題性)
    GALLIA, n° 44, 大阪大学フランス語フランス文学会, 2005年3月, p. 1-8.


  • « Maupassant et le théâtre : une tentative dans les années 1870 »
    (モーパッサンと演劇 :1870年代の試み)
    GALLIA, n° 46, 大阪大学フランス語フランス文学会, 2007年3月, p. 9-16.


  • モーパッサン『エラクリウス・グロス博士』 ―真理の探究から狂気へ―
    (« Maupassant, Le Docteur Héraclius Gloss – de la recherche de la vérité à la folie – », en japonais)
    『待兼山論叢 文学篇』, 41号, 大阪大学文学会, 2007年12月, p. 79-94.


  • 「永井荷風に見るギ・ド・モーパッサン」
    『テクストの生理学』, 柏木隆雄教授退職記念論文集刊行会編, 朝日出版社, 2008年2月, p. 397-409.


  • « Maupassant et le théâtre (2) : la réécriture d'un drame historique »
    (モーパッサンと演劇(2):歴史劇の推敲について)
    GALLIA, n° 47, 大阪大学フランス語フランス文学会, 2008年3月, p. 61-68.


  • « La poésie réaliste de Maupassant »
    (モーパッサンのレアリスム詩)
    Études de Langue et Littérature Françaises, n° 92, 日本フランス語フランス文学会, 2008年3月, p. 51-67.


  • 「封じられる女の声 ―モーパッサン初期作品における女性の表象」
    (« La voix réprimée de la femme - la représentation des femmes dans les premières œuvres de Maupassant », en japonais)
    『関西フランス語フランス文学』, 第14号, 日本フランス語フランス文学会関西支部, 2008年3月, p. 69-79.


  • « Maupassant au Japon »
    (日本におけるモーパッサン)
    L'Angélus, bulletin de l'association des amis de Guy de Maupassant, n° 17 décembre 2007 - janvier 2008, Marseille, France, 2008年7月, p. 4-19.


  • « Face au journalisme : Les Dimanches d'un bourgeois de Paris de Maupassant »
    (ジャーナリズムを前に:モーパッサン『パリのあるブルジョアの日曜日』)
    GALLIA, n° 49, 大阪大学フランス語フランス文学会, 2010年3月, p. 23-32.


  • « La poétique du social dans La Maison Tellier de Maupassant »
    (モーパッサン『メゾン・テリエ』における社会性の詩学)
    GALLIA, n° 50, 大阪大学フランス語フランス文学会, 2011年3月, p. 43-52.


  • « La vie et la mort dans les Contes du jour et de la nuit de Maupassant »
    (モーパッサン『昼夜物語』における生と死)
    La Littérature française à l'agrégation de Lettres Modernes. Béroul, Rabelais, La Fontaine, Saint Simon, Maupassant, Lagarce, Presses universitaires de Bordeaux, 2011年12月, p. 183-193.


  • « Une vie, roman expérimental de Maupassant »
    (実験小説としてのモーパッサン『ある人生』)
    GALLIA, n° 52, 大阪大学フランス語フランス文学会, 2013年3月, p. 51-60.


  • « L'apparition de Maufrigneuse : Maupassant conteur dans les journaux »
    (モーフリニューズの登場:新聞小説家モーパッサン)
    Études de Langue et Littérature Françaises, n° 102, 日本フランス語フランス文学会, 2013年3月, p. 49-67.


  • « Maupassant dans les cours de français au Japon »
    (日本のフランス語授業におけるモーパッサン)
    Bulletin Flaubert - Maupassant, n° 28, Rouen, France, 2013年12月, p. 197-210.


  • 「メズロワ,リシュパン,ザッハー=マゾッホ ―英訳モーパッサン「偽作」の調査報告―」
    『西洋文学研究』, 第34号, 大谷大学西洋文学研究会, 2014年6月, p. 1-15.


  • « Maupassant reporter au Maghreb en 1881 »
    (1881年、モーパッサン、マグレブ・リポーター)
    Études de Langue et Littérature Françaises, n° 105, 日本フランス語フランス文学会, 2014年8月, p. 77-94.


  • « Gil Blas et le conte pour le journal : Armand Silvestre et Théodore de Banville »
    (『ジル・ブラース』と新聞短編小説:アルマン・シルヴェストルとテオドール・ド・バンヴィル)
    GALLIA, n° 55, 大阪大学フランス語フランス文学会, 2016年3月, p. 55-64.


  • 「モーパッサンと戦争:復讐の意味するもの」
    『名城大学人文紀要』, 第114集(52巻3号), 名城大学人文研究会, 2017年3月, p. 1-16.



その他 (Autres travaux) :
翻訳(仏訳):
« Prière devant la statue de Maupassant » in Récits de France (1909) par Nagai Kafū
(永井荷風、「モーパッサンの石像を拝す」、『ふらんす物語』(1909)所収)
L'Angélus, bulletin de l'association des amis de Guy de Maupassant, n° 17 décembre 2007 – janvier 2008, Marseille, 2008年7月, p. 20-24.

書評:
「カチュール・マンデス著『童貞王』、中島廣子・辻昌子訳、国書刊行会」、『図書新聞』、3236号、20016年1月1日、p. 8.

「ダニエル・コンペール著『大衆小説』(宮川朗子訳)、国文社、2014年」、『Cahier』、17号、日本フランス語フランス文学会、2016年3月、p. 29-31.

「ピエール・スヴェストル、マルセル・アラン著『ファントマ』、赤塚敬子訳、風濤社」、『図書新聞』、3321号、20017年10月7日、p. 5.

雑誌記事:
「モーパッサンと海、ヨット」、Sea Dream, vol. 9, 舵社、2009年7月、p. 116-121.
(ダニエル・パルドーと共同執筆)

「対訳で楽しむ『脂肪の塊』」、『ふらんす』、4月号―9月号、白水社、2014年4月―9月(各回4頁).

文献書誌(日本語部門調査協力):
Bibliographie Maupassant, sous la direction de Noëlle Benhamou, Yvan Leclerc, Emmanuel Vincent, Roma (Italie), Éditions Memini, coll. « Bibliographie des Écrivains Français », 31, 2008, 2 vol.
(『モーパッサン文献書誌』イヴァン・ルクレール、ノエル・ベナムー、エマニュエル・ヴァンサン編、イタリア、Memini 書店、2009年)


管理人


▲冒頭へ


Ce site vous présente les informations essentielles (en japonais !)
pour approfondir vos connaissances sur Guy de Maupassant ; biographie, listes des œuvres, bibliographie et liens utiles, etc.

En même temps, nous vous présentons la traduction en japonais des œuvres de Maupassant, théâtre, poèmes, chroniques, et bien sûr, contes et nouvelles !


© Kazuhiko ADACHI