モーパッサン 追悼文

Nécrologies sur Maupassant



モーパッサン追悼文リスト



***** ***** ***** *****




モンソー公園のモーパッサン像 解説 1893年7月6日早朝、当時パッシーにあった、高名なブランシュ博士の精神病院において、ギ・ド・モーパッサンは亡くなった。享年42歳。
 新聞・雑誌に掲載された、有名作家の逝去を伝える訃報、及び追悼文の数は30を越える。
 (Cf. Artine Artinian, Maupassant Criticism in France 1880-1940, New York, Kings Crown Press, 1941)
 ここでは、その中でも特に興味深く思われるものをご紹介してゆきたい。いずれもこれまで日本で読まれることの少なかったものである。
 記事の性質上、生前の作家を褒め称えるものであるのは当然だが、これら追悼文を通して、同時代人の見たモーパッサンの姿を窺うことが出来るだろう。

 モーパッサンが亡くなって110年以上、ゾラが述べた、あるいは予言したように、モーパッサンの小説作品は「古典」となり、今日なお読み継がれている。古典を読む上で、作者その人について知ることは必ず必要なことではないけれど(師フロベールに倣って、モーパッサンはそれを厳しく拒絶したのでもある)、生きたモーパッサンを知る人達の残した言葉に耳を傾け、同時代の新鮮な空気の中に作品を置いてみる時に、改めて見えてくることも、あるのではないかと思う。

 右画像は、パリ、モンソー公園内にあるモーパッサンの像。本を手に夢想する女性は、作家の愛読者を示しているが、モーパッサンの作品は当時、女性にも大変に好んで読まれたという。




Ce site vous présente les informations essentielles (en japonais !)
pour approfondir vos connaissances sur Guy de Maupassant ; biographie, listes des œuvres, bibliographie et liens utiles, etc.

En même temps, nous vous présentons la traduction en japonais des œuvres de Maupassant, théâtre, poèmes, chroniques, et bien sûr, contes et nouvelles !


© Kazuhiko ADACHI