モーパッサン 『オルラ』

Le Horla, le 26 octobre 1886

(Première version)


(*翻訳者 足立 和彦)

オルラ 解説 1886年10月26日、日刊紙『ジル・ブラース』 Gil Blas に掲載された。大きく書き直されたものが、翌年、短編集『オルラ』 Le Horla 巻頭に収録される(1887年、オランドルフ書店)。
 当時の科学的知見を総動員して、未知なる存在を語る本短編は、文字通りの意味でSFの先駆けと呼ぶことができるだろう。一方、改稿された中編小説においては、全てが日記体で綴られ、世界は主人公の内面に収斂される。そこでは何が真実であるのかは常に曖昧であり、語り手の狂気の問題が前面に展開される。19世紀末、精神医学の発展を見る中で、"folie" は一つの文学的トピックであった。本作品の舞台が精神病院に置かれているのも、同様である。
 興味のある方には、ぜひ両作品を読み比べてもらいたい。
 なお本作には、宮原信による既訳(『フランス幻想小説傑作集』、白水Uブックス、1985年、p. 171-186.)が存在する。

***** ***** ***** *****


 最も高名にして最も傑出した精神医学者である、マランド博士が、自然科学に従事する三人の同僚と四人の学者に、彼の運営する精神病院の一室で一時間ばかり時間を割いてくれるように頼んだのであったが、それは彼等を患者の一人に会わせるためであった。
 友人達が集まるや、彼は告げた。「これまでにお目にかかった中で最も奇妙かつ最も不安を与える事例について、諸君の判断に委ねたいと思うのだよ。もっとも、この患者について言うべきことは私には何もないのだ。彼が自分で話すことだろう」博士はそこでベルを鳴らした。召使が一人の男性を中へ通した。その男は大変に痩せており、骸骨のような痩せ具合で、思考に蝕まれたある種の狂人が痩せているのと同じだったが、病的な思考というものは、熱病や結核以上に身体を蝕むものなのである。
 挨拶して腰を下ろすと、彼は言った。皆さん、どうして皆さんがここに集められたのか私は承知していますし、私の身に起こったことをお話しする準備もできています。友人であるマランド博士がそうするように頼んだようにです。長い間、彼は私を狂人と思っていました。今日、彼は疑問に思っています。しばらく後には、皆さんも、私があなた方と同じように健康で、明晰で、よく見通す力のある精神の持ち主だということが、お分かりになるでしょう。私にとっても、あなた方にとっても、そして人類全体にとっても不幸なことですが。
 けれども、事実そのものから始めましょう、ごく単純な事実からです。今からお話しするような次第です。
 私は四十二歳になります。結婚はしていませんが、私の財産は、ある程度の贅沢をしながら暮らしてゆくのに十分なものです。それで私は、ルーアンの近く、ビエサールにおいて、セーヌの河沿いの住まいに暮らしていたのです。私は狩りと釣りが好きなのですよ。さて、裏手には、家の上に聳える高い崖の上に、フランスでも最も美しい部類の、ルマールの森があり、目の前には、世界でも最も美しい河の一つが流れていました。
 私の住居は広く、壁面は白く塗られ、可愛らしく、古いもので、庭の真ん中にありましたが、庭には見事な木が生えていて、今お話した巨大な岩をよじ登って、森にまで上ってゆくのです。
 使用人は、御者と、庭師と、召使と、料理女に、洗濯女、この者は同時に家政婦でもありましたが、以上からなっています、いや、むしろなっていました。この者達は皆、十年から十六年以上我が家に住んでいて、私のことを知っていたし、私の家のことも、その地域のことも、私の人生の周囲にあるものを全て知っていました。善良で、おとなしい使用人達でした。このことは、今からお話しすることに重要なのです。
 付け加えておけば、セーヌ河は、我が家の庭に沿っているのですが、恐らくご承知のように、ルーアンまで船で通行可能です。そして、毎日、大きな帆船、蒸気船が、世界中からやって来るのが見えたものでした。
 さて、一年前、この前の秋のことですが、私は突然に、奇妙で説明のつかないような不調に襲われました。それは最初、一種の神経症的な不安で、幾晩も眠ることができませんでした。あまりに興奮しているので、どんな些細な物音にも震え出す様なのです。気分は刺々しくなりました。突然、説明のつかない怒りに駆られるのです。私は医者を呼び、医者の処方は、鎮静剤の臭化カリウムと、シャワーとでした。
 それで、私は朝と夕にシャワーの支度を命じ、薬を飲み始めました。しばらくすると、実際、眠りに就くことができるようになりましたが、しかし不眠よりも一層恐ろしい眠りだったのです。横になるとすぐに、瞼が閉じ、私は消えてしまいます。そうです、私は虚無の中に、絶対的な虚無の中に、存在全体の死の中に落ち込むのですが、荒々しく、めちゃくちゃにそこから引っ張り出されることになるのです。胸の上に押し潰すような重石の乗っているのを感じ、唇が押し付けられ、自分の口から生命が貪られるのを感じては恐怖に駆られて。おお! その衝撃といったら! それ以上に恐ろしいことを、私は知りません。
 想像してみてください、ある男が眠っていて、その男を誰かが殺そうとし、彼は喉にナイフが刺さったまま目を覚ますのです。そして血まみれになって喘ぎ声を上げ、もはや息をすることもできず、そして死んでゆくのです、何も理解しないままに――そうです!
 不安なことに、絶えず私は痩せてゆきました。そして、突然に気づいたのですが、私の御者も、彼は大変に太っていたのですが、私同様に痩せ始めたのです。
 私は彼に尋ねました。
――ジャン、一体どうしたんだい? 病気のようだね。
 彼は答えました。
――思いますに、旦那様と同じ病気に罹ったのでしょう。夜が昼を失わせるのです。
 それで私は考えました。家の中に、河と隣接していることが原因の、何か熱病の要因でもあるのだろうと。それで、ちょうど狩猟の季節だったのですが、二三ヶ月の間留守にしようとしかけたのです。けれどその時に、ちょっとした、大変に奇妙なことが、偶然に観察された上に、それに引き続いて一連の、本当らしくもなく、幻想的で、恐ろしい発見があったものですから、私は留まったのでした。
 ある晩、喉が渇いたので、グラス半分の水を飲み、そしてベッドの正面の箪笥の上に乗った水差しに、クリスタルの口元まで水が一杯なことを確かめたのでした。
 夜の間に、先ほどお話した恐ろしい目覚めがありました。おぞましい苦しみに捕らわれながら、私は蝋燭を点し、そして、もう一度水が飲みたくなったのですが、驚いたことには水差しが空になっていたのでした。自分の目を信じることができませんでした。あるいは誰かが私の部屋に入ったのか、そうでなければ、私は夢遊病者なのです。
 翌日の夜、私は同じことを試そうと思いました。ドアの鍵をかけ、誰も部屋に入れないことを確かめました。いつものように、私は眠り、そして目を覚ましました。二時間前に目にしていた水を「誰か」が飲んだ後でした。
 「誰が」この水を飲んだのでしょう? 私です、恐らくは。しかしながら、私には自信がありました、絶対的な自信がです。自分は深く苦しい眠りの間に、動いたりはしていないということについて。
 その時、私は策略に頼り、自分がこの無意識的な行動をしていないことを、確信しようと思いました。ある晩、水差しの傍に、年代物のボルドーの瓶と、私が大嫌いな牛乳のコップ、大好きなチョコレートのお菓子とを置いたのです。
 ワインとお菓子は手付かずのまま残っていました。牛乳と水が消えたのです。それから毎日、私は飲み物と食べ物とを入れ替えました。「誰か」は決して、固い、身の詰まったものには触れず、その「誰か」は、水分に関しても、新鮮な乳製品、とりわけ水しか飲みませんでした。
 けれども、刺すような疑いは魂に残り続けました。意識のないままに起き上がり、嫌いなものまでも飲んでいるのは、私なのではないだろうか、それというのも、夢遊病的な眠りによって私の感覚は麻痺しており、修正を受けたり、通常の嫌悪感を失ったり、異なった味覚を獲得したりしているからではないだろうか。
 そこで私は、自分自身に対して新しい策略を用いることにしました。必ず触れなければならないものを全て、白いモスリンの細紐で包んだ後に、リネンのナプキンでもう一度覆ったのです。
 それから、ベッドに入る時に、手と、唇と、口ひげとを黒鉛で塗りました。
 目覚めてみると、全てのもに跡はついていませんでしたが、触れられた後でした。というのもナプキンは、私が置いたようには置かれていなかったからです。そして、その上、誰かが水と、牛乳とを飲んでいました。さて、ドアは確実な鍵をかけて閉ざされ、用心のために南京錠をかけてあった鎧戸は、誰も通すことなどできません。
 そこで、私はこの恐るべき疑問を自分自身に投げかけたのです。一体、誰がそこに、毎晩、私の傍にいるというのか?
 皆さん、こうしたことをお話しするのに、急ぎ過ぎてしまったのではないかと感じます。あなた方は微笑んでいらっしゃる。ご意見はもう決まったという訳です。「こいつは狂人だ」と。自分の家に閉じ込められ、健全な精神のまま、水差しのガラスを通して、眠っている間に消えた幾らかの水を眺める男の感じる思いを、もっと長々と描いておみせするべきだったのでしょう。毎晩、毎朝、新たにされるこの苦悩、逆らうことのできないあの眠りと、より一層恐ろしい目覚めとを、皆さんに理解して頂かねばならなかったのでしょう。
 けれども、私は続けます。
 突然に、奇跡が止みました。もう部屋の何物にも手はつけられません。終ったのです。更に、私の調子も良くなりました。陽気さが戻って来たその時に、隣人の一人、ルジット氏が、以前の私と全く同じ状態にあるということを、私は知ったのでした。改めて、その地方の熱病の要因というのを信じかけたものです。御者はといえば、一月前に、大変体を悪くして去っていました。
 冬が過ぎ、春が始まっていました。さて、ある朝、バラの花壇の傍を散歩している時に、私は見ました、はっきりと見たのです。私のすぐ傍で、最も美しいバラの一輪の茎が、まるで見えない手が摘み取るかのように折れるのを。それから、花は、手が口元へ持ってゆくような曲線を描いて、透明な空気中に浮かんだまま留まりました。私から三歩のところに、ただそれだけで、動きもなく、恐ろしいことでした。
 狂ったような恐怖に駆られ、私はそれを掴むために飛び掛りました。何も見つけられませんでした。花は消えたのです。その時、私は自分自身に対する激しい怒りに襲われました。理性的で、真面目な人間が、こんな幻覚を見るなど許されたことではありません!
 でもそれは本当に幻覚だったのでしょうか? 私は茎を探しました。直ちに、茂みの上、枝に残る二輪の別のバラの間に、切りとられたばかりなのを見つけました。それというのも、私がはっきりと目にしたのは、三輪あったからです。
 それから、魂を動転させたまま、私は家に帰りました。皆さん、お聞きください、私は平静です。私は超自然を信じません。今日なお、それを信じてはいないのです。けれどもあの瞬間から、私は確信しました、日と夜と同じぐらい自明のこととして確信したのです。私の傍には目には見えない存在がいて、それが私に取りつき、私を離れ、また戻って来たのだということを。
 少し後に、私はその証拠を得ました。
 その後、召使達の間で、毎日のように激しい争いが起こったのです。見かけは些細な無数の事柄が原因でしたが、以後の私には十分な意味がありました。
 あるガラスの器、美しいヴェネチア・グラスが、食堂の飾り戸棚の上で、日中、ひとりでに割れてしまいました。
 召使は料理女を、彼女は洗濯女を、彼女は別の誰かを非難しました。
 夜に閉められた扉が、朝になると開いています。毎晩、台所の牛乳が盗まれます。――ああ!
 どのような者なのでしょう? どんな性質なのでしょう? 苛立った好奇心、怒りと恐怖とに、昼夜を問わず捕らえられ、私は極度に動揺した状態にありました。
 しかしもう一度、家は平静に戻りました。そしてまた改めて、私は夢だったのだと信じかけたのですが、その時に次のことが起こりました。
 それは七月二十日、夜の九時のことでした。とても暑かったので、私は窓を大きく開けたままにしていました。テーブルの上にランプが点り、「五月の夜」のところに開かれたミュッセの書物を照らしていました。そして私は大きな肘掛椅子に体を伸ばし、そこでまどろんでいたのです。
 さて、四十分ばかり眠った後、私は目を開きました。身動きもしませんでしたが、何だか分からない、混乱した奇妙な感情に覚まさせられたのでした。初めは、何も目に入りません。それから、突然、本の一ページが、ひとりでにめくられたように見えたのです。窓から風は少しも入って来ていませんでした。驚きました。そして私は待ちました。約四分後、私は見ました、見ました、そうです、見たのです、皆さん、この目で、別のページが持ち上がり、まるで指がめくるように、前のページの上に落ちるのを。肘掛椅子は空のように見えました。しかしそこに「彼」がいるということを、私は理解したのです! 私はひとっ飛びに部屋を横切って、もしそれが可能なら、彼を捕らえ、触れ、掴もうとしました……。けれども私が辿り着く前に、まるで私の前から人が逃げ出すかのように、椅子がひっくり返りました。ランプも落ちて消えました。ガラスが割れました。そしてまるで強盗が逃げ出す際に掴んだかのように、乱暴に押された窓が留め金にぶつかりました……。ああ!……
 私は呼び鈴に飛びついて人を呼びました。召使が現れた時、私は言いました。
「全部ひっくり返して壊してしまったよ。明かりを持って来てくれ」
 その夜は、もう眠れませんでした。そしてその間も、私はまだ幻影に弄ばれていたかもしれないのです! 目覚めても、感覚は混乱したままです。椅子や明かりを投げ出し、狂人のように急いだのは、私だったのではないのだろうか?
 いいえ。私ではなかった! 一秒たりともそれを疑わないほどに、私にはよく分かっていました。でもそうでありながら、私はそう信じたかったのです。
 ちょっと待ってください。何者かです! 何と名づけたらいいでしょう? 「見えない者」。いいえ、それでは不十分です。私はそれをオルラと名づけました。何故か? 分かりません。そうして、オルラはもうほとんど私を離れないのでした。昼も夜も、この不可視の隣人の存在を感じ、確信します。そして彼が、刻一刻、一秒一秒、私の生命を奪っているということもです。
 彼を目にすることができないのに苛立ち、私は部屋中の明かりをつけていました。まるで、この明かりの中でなら、彼を発見できるかのように。
 遂に、私は彼を目にしました。
 あなた方は信じようとなさらない。けれども、私は彼を見たのです。
 私は何かの書物の前に座り、読みもせずに、窺っていたのです。全器官を極度に興奮させ、すぐ傍に感じる者を窺っていました。確かに、彼はそこにいる。でもどこに? 何をしているのか? どうやって捕まえるのか?
 私の正面にはベッドがあり、樫の木でできた、柱付きの古いベッドでした。右手には暖炉。左手には扉で、私は注意深くそれを閉めました。後ろには、鏡付きの大きな箪笥があり、毎日、ひげを剃り、服を着るのに使っており、その前を通る度に、頭から足先までを眺めるのを習慣にしていました。
 そうして、私は読書する振りをしていたのです。彼を騙すために。何故なら、彼もまた、私の様子を探っていたからです。そして突然に、私は感じました。肩越しに彼が読んでいるのを、彼がそこにいて、私の耳に触れているのを確信したのです。
 私は立ち上がり、素早く振り返ったので倒れそうになったほどです。ああ……日中の最中のようにそこを見ることができたのです……鏡の中には私の姿がなかった! それは空虚で、明るく、光に溢れていました。私の姿はその中になかった……。そして私は向かい合っていた……。私は澄み切った大きなガラスを見ていました、上から下まで! 狂ったような目でそれを見たのです。前に進むことはできませんでした。私達の間に、彼がいるということを、彼の姿はまだ私から逃れているけれど、その認識できない体が、私の反映を吸収してしまっているのだということを、十分に感じ取っていたので。
 どれほど怖かったことでしょう! それから突然に、霧の中、鏡の奥に、霧の中、水の膜を通した向こうのように、自分の姿が見え始めたのです。そして、この水が左から右へとゆっくりと滑って行き、一秒一秒、私の姿をはっきりとさせてゆきます。それは蝕の終わりのようでした。私を隠している者は、はっきりと定まった輪郭を持たないようで、一種の濁った透明さが、少しずつ明るくなってゆくのです。
 遂には、日々、目にしているように、自分の姿をはっきりと識別できました。
 私は彼を見たのです。恐怖がまだ残っていました。今でもなお震えるほどです。
 翌日、私はここに来ました。保護してくれるように頼んだのです。
 さあ、皆さん、結論を出しましょう。
 マランド博士は、長い間疑った後、一人で、私のくにへ旅行することに決めました。
 我が家の隣人三人が、現在、以前の私と同じ状態に至っている。そうですね?
 医者は答えた。――その通り!
――あなたは彼等に、部屋に毎晩、水と牛乳だけを置いておくように言われ、この液体がなくなるかどうかを見られた。彼等はやってみました。その液体は、私の家でと同じように、消えてなくなりましたか?
 医者は、厳粛に答えた。
――消えてなくなった。
 それでは、皆さん、ある「存在」、新しい「存在」が、恐らくは、我々が増えて来たようにその数をやがて増やすことでしょうが、この地上に現れたということなのです!
 ああ! 笑っていらっしゃる! どうしてです? 何故なら、この「存在」が目に見えないままだからです。けれども我々の目は、皆さん、全く基礎的な器官ですから、我々の存在に不可欠なものさえ十分に判別できません。小さすぎるものは見逃され、大きすぎるものも見逃され、遠すぎるものも見逃されます。一滴の水の中に生きる無数の小動物の存在を見過ごします。よその星々の住人、植物や大地が見えません。透明なものもまた、見えはしないのです。
 目の前に完全なガラス板を置いてごらんなさい。それを識別することができず、我々をそこにぶつけさせることでしょう。家で飼われる鳥が、ガラスに頭をぶつけて割るように。だから、どこにでも存在する、固くて透明な物体が目には見えません。我々が呼吸する空気も目に入りません。自然の最も大きな力であり、人を倒し、建物を壊し、木を根こぎにし、海を山のごとく持ち上げ、花崗岩の断崖に穴を穿ちもする、風も見ることができないのです。
 目に見えないものに、新しい体が与えられるとは、なんという驚きでしょう。恐らく、この体には、光線を反射させるという特性が唯一欠けているのです。
 電気を認識することができますか? しかしながらそれは存在しています!
 この存在、私はオルラと名づけましたが、それも同じように存在しているのです。
 それは何なのでしょうか? 皆さん、それこそは、人間の後に、大地が待ち望んでいたものです! 我々を王位から追いやり、我々を従属させ、飼い慣らし、恐らくは我々を栄養とするもの達です。ちょうど我々が牛や豚を栄養とするように。
 何世紀もの間、人はそれを予感し、恐れ、告げ知らせてきたのです!「見えない者」への恐怖は、常に我々の祖先達に取りついてきたのでした。
 それがやって来たのです。
 妖精、地の精、空中をさ迷う、捕まえられない不吉な者に関するあらゆる伝説、それらが語っていたのはまさしく彼についてであり、既に不安に感じ、震えてきた人間達に予感されていたのです。
 そしてあなた方自身が、皆さん、この数年来なさっていること、あなた方が催眠術、暗示、マニェチスムと呼ぶもの――あなた方が告げ、予言しているのは彼なのです!
 彼がやって来たのだとお伝えしました。原初の人間のように、彼自身、不安気にさ迷い、まだ自分の力や能力を知りませんが、やがて、随分早くに知ることでしょう。
 最後にあたって、皆さん、ここに新聞の記事があります。偶然手に入ったのですが、リオ・デ・ジャネイロからのものであります。お読みします。「一種の狂気の伝染病がしばらく前よりサン・ポーロの地方に流行している。幾つもの村の住民が、土地と住まいとを捨てて逃げ出し、その主張するところでは、彼等は、目に見えない吸血鬼に追われ、蝕まれ、この吸血鬼は、彼等が眠る間に呼吸から養分を得て、更には、水と、時々は牛乳しか飲まないというのである!」
 付け加えてお伝えします。「死にそうなほどだった、病の最初の兆候の出る数日前、私は完全に思い出すことができるのですが、大きな三本マストのブラジルの帆船が、旗を広げ通り過ぎるのを目にしたのです……私の家が河沿いにあるとは既にお伝えしましたが、家は…・・・真っ白で……恐らく、彼はその船に隠れていたのでしょう……」
 もう何も付け加えることはありません、皆さん。
 マランド博士は立ち上がり、囁いた。
――私もだ。私には分からない、この男が狂人なのか、あるいは私達二人ともがそうなのか……あるいは……我々の後継者が本当に現れたのか……

『ジル・ブラース』紙、1886年10月26日付




Ce site vous présente les informations essentielles (en japonais !)
pour approfondir vos connaissances sur Guy de Maupassant ; biographie, listes des œuvres, bibliographie et liens utiles, etc.

En même temps, nous vous présentons la traduction en japonais des œuvres de Maupassant, théâtre, poèmes, chroniques, et bien sûr, contes et nouvelles !


© Kazuhiko ADACHI