モーパッサン翻訳書誌

Bibliographie de Maupassant en japonais



  • このページにはモーパッサン作品の翻訳に関する書誌を掲載しています。
  • モーパッサンに関する論文等の書誌はモーパッサン関連書誌をご覧ください。
  • このリストはまだ網羅的なものではありません。モーパッサンの作品は他にも多くの版から翻訳が出ました。情報をお寄せ頂ければ幸いです


Index
 1. 全集・選集
 2. 文学全集
 3. 文庫
 4. その他
   a. 短編集
   b. 他
   c. アンソロジー収録
   d. 語学教科書
   e. 復刻版
   f. 時評文・評論



1. 全集・選集

『モウパッサン全集』、1-15巻、天佑社、1920-1922年
  • 1巻 『美貌の友』、広津和郎訳
  • 2巻 『生の誘惑』、前田晁訳
  • 3巻 『恋の力 フオル・コム・ラ・モオル』、矢口達訳
  • 4巻 『狂える恋』、宮島新三郎訳
  • 5巻 『水の上 虐げらるゝ女』、吉江孤雁訳
  • 6巻 『恋の謝肉祭』、矢口達訳
  • 7巻 『湯の町の恋』、田中純訳
  • 8巻 『我等の心』、中村星湖訳
  • 9巻 『寝室の一隅』、矢口達訳
  • 10巻 『嫉妬(ピエール・エ・ジャン)』、矢口達訳
  • 11巻 『流転する娘』、平野威馬雄訳
  • 12巻 『妻の告白』、安成四郎訳
  • 13巻 『罪の肉塊』、平野威馬雄訳
  • 14巻 『女の巧み』、前田晁訳
  • 15巻 『女の一生 家庭の平和』、谷崎精二訳

『モーパッサン傑作短編集』、1-10巻、河出書房、1935-37年
(7‐10巻『モーパッサン短篇全集』と改題)

『モーパッサン長編小説』、1-4巻、白水社、1936-37年
  • 『ピエルとジャン』、杉捷夫訳
  • 『ベラミ』、中村光夫訳
  • 『死のごとく強し』、杉捷夫訳
  • 『女の一生』、岡田真吉訳

『モーパッサン選集』、1-4巻、河盛好蔵ほか訳、河出書房、1941年

『モーパッサン選集』、1-4巻、丸山熊雄訳、太虚堂書房、1946-48年

『モーパッサン長篇全集』、1-3巻、杉捷夫訳、太虚堂書房、1947-48年
  • 1巻 『女の一生』
  • 2巻 『死のごとく強し』
  • 3巻 『ベラミ』

『モオパッサン全集』、1-23巻(出版されたのは12冊のみ)、創藝社、1950-51年
  • 2巻 『遺産 或る巴里人の日曜日』、山川篤訳
  • 3巻 『死の如く強し』、田辺貞之助訳
  • 5巻 『男ごころ』、竹村猛訳
  • 6巻 『ピエルとジャン』、関根秀雄訳
  • 7巻 『女の一生』、木村庄三郎訳
  • 8巻 『脂肪の塊』、田辺貞之助訳
  • 10巻 『山鴫物語』、田辺貞之助訳
  • 16巻 『メゾン・テリエ』、青柳瑞穂訳
  • 19巻 『未知の女』、岡田真吉訳
  • 21巻 『ロックの娘の死』、土居寛之訳
  • 22巻 『或る自殺者の手記』、桜井成夫訳
  • 23巻 『ロンドリ姉妹』、桜井成夫訳

『モーパッサン文庫』、1-9巻、小山書店、1950-51年
  • 1巻 『脂肪の塊 他8篇』、川口篤 他訳
  • 2巻 『二人の友 他17篇』、生島遼一 他訳
  • 3巻 『ジュール伯父 他9篇』、杉捷夫 他訳
  • 5巻 『山小屋 他10篇』、川口篤 他訳
  • 8巻 『ピエールとジャン』、杉捷夫訳
  • 9巻 『女の一生』、広津和郎訳

『モーパッサン長篇全集』、1-6巻、白水社、1951年
  • 1巻 『死のごとく強し』、鈴木力衛訳
  • 2巻 『モントリオル』、小西茂也訳
  • 3巻 『ピエールとジャン』、鈴木健郎
  • 4巻 『女の一生』、岡田真吉訳
  • 5巻 『男ごころ』、中村光夫訳
  • 6巻 『ベラミ』、中村光夫訳

『モーパッサン全集』、1-21巻(出版されたのは16冊のみ)、春陽堂、1955-56年
  • 1巻 脂肪の塊・パリ人の日曜日 他8篇
    (「剥製の手」岡田真吉、「ココ、冷たいココはいかが」村上菊一郎、「聖水授与者」新庄嘉章、「ラレ中尉の結婚」根津憲三、「脂肪の塊」田辺貞之助、「パリ人の日曜日」青柳瑞穂、「むかし」新庄嘉章、「家族」青柳瑞穂、「田舎の女中のはなし」青柳瑞穂、「春の夜に」鈴木力衛)

  • 2巻 メゾンテリエ・令嬢フィフィ 他17篇
    (「パリの経験」新庄嘉章、「水の上」辰野隆、「シモンの父」新庄嘉章、「メゾン・テリエ」青柳瑞穂、「令嬢フィフィ」岡田真吉、「お菓子」村上菊一郎、「春に寄す」青柳瑞穂、「ポールの女」蛯原徳夫、「墓場の女」青柳瑞穂、「野遊び」青柳瑞穂、「薪木」小西茂也、「愛の言葉」小林龍雄、「マルロッカ」丸山熊雄、「牧童地獄」丸山熊雄、「寝床」蛯原徳夫、「盲人」新庄嘉章、「マニェティスム」小西茂也、「息子」田辺貞之助、「旅路」鈴木力衛)

  • 第3巻 ある女の告白・メヌエット 他17篇
    (「コルシカの山賊」根津憲三、「お通夜」村上菊一郎、「泥棒」小林竜雄、「ある女の告白」新庄嘉章、「雄鶏が鳴いたのよ」田辺貞之助、「子供」佐藤正彰、「閂」桜井成夫、「ノルマンディーの悪ふざけ」田辺貞之助、「ソステーヌ伯父」桜井成夫、「熱情」小西茂也、「狂人か?」鈴木力衛、「手紙」村上菊一郎、「或る未亡人」青柳瑞穂、「錆つき」川口博、「奇策」青柳瑞穂、「藁椅子直しの女」杉捷夫、「ピエロ」杉捷夫、「あるノルマンディー男」田辺貞之助、「ゆるし」佐藤正彰、「聖骨」河合亨、「月光」新庄嘉章、「恐怖」青柳瑞穂、「田園」小西茂也、「百万フラン」杉捷夫、「遺言」田辺貞之助、「狼」蛯原徳夫、「モランの豚野郎」田辺貞之助、「メヌエット」田辺貞之助)

  • 第4巻 むすめ男・宝石 他26篇
    (「マダム・バティスト」小西茂也、「イヴリーヌ・サモリス」根津憲三、「狂女」辰野隆、「僕の妻」新庄嘉章、「たくらみ」新庄嘉章、「政変」佐藤正彰、「聖ミシェル山の伝説」小林龍雄、「クリスマス物語」村上菊一郎、「クリスマスの夜」青柳瑞穂、「クリスマスの夜食」室淳介、「古家具」根津憲三、「溺死人の手紙」山田九朗、「乗馬」丸山熊雄、「木靴」小西茂也、「ジョカスト氏」河合亨、「死人の傍で」蛯原徳夫、「二人の友」新庄嘉章、「海上異聞」田辺貞之助、「目ざめ」青柳瑞穂、「ユダ親父」小林龍雄、、「聖アントワーヌ」田辺貞之助、「むすめ男」小林龍雄、「マドモアゼル・ココット」蛯原徳夫、「宝石」新庄嘉章、「呪のパン」桜井成夫、「幽霊」蛯原徳夫、「ヴァルター・シュナッフス奇談」蛯原徳夫、「ある自殺者の手記」桜井成夫)

  • 第5巻 オルタンス女王・温室 他21篇
    (「オルタンス女王」中島健蔵、「ミロンじいさん」青柳瑞穂、「そのあと」新庄嘉章、「月光」青柳瑞穂、「行商人」小林龍雄、「警戒警報」河合亨、「贈り物」川口博、「夢」室淳介、「友人ジョゼフ」根津憲三、「片輪者の母」中島健蔵、「みなしご」小西茂也、「温室」新庄嘉章、「ドニ」村上菊一郎、「あいつか?」桜井成夫、「ミス・ハリエット」青柳瑞穂、「窓」桜井成夫、「ろば」新庄嘉章、「アンドレの病気」桜井成夫、「墓」根津憲三、「口髭」丸山熊雄、「トンブクトゥー」村上菊一郎、「さては恐水病か?」桜井成夫、「ジュール叔父」村上菊一郎)

  • 第6巻 愛撫・流れ流れて 他24篇
    (「愛撫」新庄嘉章、「決闘」田辺貞之助、「坊や」小西茂也、「マダム・リュノー事件顛末記」桜井成夫「旧友パシアンス」田辺貞之助、「マルタンの娘」桜井成夫、「夜会」田辺貞之助、「流れ流れて」桜井成夫、「ささやかな悲劇」桜田佐、「テオデュル・サボの告解」杉捷夫、「敵討」田辺貞之助、「懺悔」蛯原徳夫、「枕引き」丸山熊雄、「代理」小西茂也、「悔恨」新村猛、「復讐者」青柳瑞穂、「待ちこがれ」青柳瑞穂、「勲章を貰ったぞ!」桜井成夫、「父親」青柳瑞穂、「紐」新庄嘉章、「達人」桜井成夫、「初雪」田辺貞之助、「モデル」桜井成夫、「悪ふざけ」小林龍雄、「手」青柳瑞穂、「ボーイ、もう一杯!」村上菊一郎)

  • 第7巻 花まつり・頸飾 他22篇
    (「白と青」根津憲三、「未完の歴史の一頁」根津憲三、「老人」小林龍雄、「洗礼」新村猛、「ココ」新庄嘉章、「ミスティ」小西茂也、「卑怯者」村上菊一郎、「花まつり」丸山熊雄、「うしろだて」川口篤、「雨傘」桜井成夫、「牧歌」新村猛、「頸飾」新庄嘉章、「女房は売りもの」桜井成夫、「母親」青柳瑞穂、「孤独」岡田真吉、「乞食」室淳介、「めぐりあい」新庄嘉章、「幸福」小西茂也、「女将」桜井成夫、「酒樽」桜井成夫、「シャリ」小西茂也、「アディウ」中島健蔵、「髪の毛」蛯原徳夫、「凄惨」伊吹武彦)

  • 第8巻 遺産・ロンドリ姉妹 他9篇
    (「遺産」山川篤、「思い出」小西茂也、「散歩」小西茂也、「ロンドリ姉妹」桜井成夫、「大佐の考え」河合亨、「ボニファス親父の罪作り」小西茂也、「寝台二十九号」田辺貞之助、「チック(痙攣)」川口博、「告白」田辺貞之助、「恐怖」新庄嘉章、「帰村」杉捷夫)

  • 第9巻 イヴェット・色ざんげ 他13篇
    (「旅にて」新庄嘉章、「色ざんげ」櫻井成夫、「捨てた子」室淳介、「親殺し」小林龍雄、「よいどれ」小西茂也、「イヴェット」新庄嘉章、「狂人」丸山熊雄、「発見」岡田真吉、「持参金」櫻田佐、「モハメッド・フリプーイユ」小林龍雄、「山番」山田九朗、「ベルト」室淳介、「ボンバール」根津憲三、「意趣がえし」櫻井成夫)

  • 第10巻 パラン氏・しくじり 他17篇
    (「捕虜」岡田真吉、「十一号室」小林龍雄、「うみがらすの岩」村上菊一郎、「衣装戸棚」新庄嘉章、「パラン氏」岡田真吉、「売り家」岡田真吉、「トワーヌ」青柳瑞穂、「洗礼」岡田真吉、「本当にあった話」丸山熊雄、「未知の女」岡田真吉、「わが英人諸君」根津憲三、「モンジレ親父」川口博、「秘伝」丸山熊雄、「車内にて」小西茂也、「しくじり」櫻井成夫、ジョゼフ」丸山熊雄、「終れり」小林龍雄、「ヘアー・ピン」河合亨、「ざんげ」村上菊一郎)

  • 第11巻 ロックの娘・打ち明け話 他14篇
    (「豆兵士」小西茂也、「打ち明け話」岡田真吉、「わが二十五日」室淳介、「狂人」蛯原徳夫、「軽はずみ」青柳瑞穂、「ベロムとっさんのけだもの」青柳瑞穂、「しぎ」岡田真吉、「サ・イラ」岡田真吉、「ロックの娘」土居寛之、「助かったわ!」小西茂也、「マドモアゼル・ペルル」土居寛之、「難破船」新庄嘉章、「ピン」蛯原徳夫、「王さまの日」小林龍雄、「隠者の話」土居寛之、「猫について」土居寛之)

  • 第14巻 ピエールとジャン 他4篇
    (「小説」、『ピエールとジャン』杉捷夫、「肖像画」青柳瑞穂、「オトー父子」新庄嘉章、「ボアテル」新庄嘉章、「ランデヴー」新庄嘉章、「解説」杉捷夫)

  • 第16巻 女の一生
    (『女の一生』、「解説」新庄嘉章)

  • 第17巻 ベラミ 第1部
    (『ベラミ(第一部)』、「解説」田辺貞之助)

  • 第18巻 ベラミ 第2部
    (『ベラミ(第二部)』田辺貞之助)

  • 第19巻 恋のモントリオル
    (『恋のモントリオル』、「解説」桜井成夫)

『モーパッサン全集』、1-3巻、春陽堂、1965‐1966年
  • 1巻 長編、旅行記
  • 2巻 短編
  • 3巻 短編、長篇『われらの心』、詩集
    訳者:青柳瑞穂、木村庄三郎、小林龍雄、桜井成夫、品田一良、新庄嘉章、鈴木力衛、田辺貞之助、根津憲三、堀田義衛、村上菊一郎、大西忠雄



2. 文学全集

  • 世界文藝全集 第19編、美貌の友(全)、新潮社、1924年
     (「はしがき」、モオパッサン『美貌の友』、廣津和郎訳)

  • 世界短篇小説大系 佛蘭西篇(上)、近代社、1926年
     (「月光と戀人」吉江喬松訳、「ホルラ」、「頸飾」前田晁訳、「脂肪の塊り」、「親殺」佐々木孝丸訳)

  • 世界文學全集 第20巻 フロベエル『ボヷリイ夫人』/モオパッサン『女の一生』、新潮社、1927年
     (「『女の一生』序―モオパッサンに就いて―」、p. 9-15、『女の一生』、『脂肪の塊』 廣津和郎訳)

  • 世界文學全集 第36巻 近代短篇小説集、新潮社、1929年
     (モウパッサン「寶石」、「月光」 吉江喬松訳、p. 71-83.)

  • 新 世界文学全集12、河出書房、1940年
     (『二人の友』 岸田國士訳)

  • 世界文學叢書23、京都、世界文學社、1947年
     (『メゾン・テリエ』他9篇 河盛好蔵訳)

  • 世界文学全集19世紀篇 モーパッサン、河出書房、1949年
     (『女の一生』他 杉捷夫訳)

  • 世界文学全集29 モーパッサン続、河出書房、1951年
     (『ピエールとジャン』 関根秀雄訳、『脂肪の塊』 田辺貞之助訳 他)

  • 世界文学全集、第一期、8 モーパッサン、河出書房、1954年
     (『女の一生』、『ピエールとジャン』他 杉捷夫訳、『モントリオル』、小西茂也訳)

  • 世界文学全集、第二期、9 モーパッサン/ゾラ、河出書房、1955年
     (『ベラミ』 中村光夫訳)

  • 世界風流文学全集6 フランス篇(4) おどけ草紙、アフロディット、モーパッサン短篇集、アポリネール短篇集、河出書房、1956年
    (「温室」「助かったわ!」「合図」「マドモワゼル・フィフィ」「車内にて」、小西茂也訳、p. 213-247.)

  • 新版 世界文学全集13 フロベール/モーパッサン、新潮社、1958年
     (『女の一生』 新庄嘉章訳)

  • 世界文學大系44 モーパッサン、筑摩書房、1958年
     (『女の一生』 岡田真吉訳 『ベラミ』 中村光夫訳 『脂肪の塊』他 杉捷夫訳)

  • 世界名作全集6 ゲーテ/モーパッサン、平凡社、1959年
     (『女の一生』 小林竜雄訳)

  • 世界文学全集16 モーパッサン、河出書房新社、1960年
     (『女の一生』、『ピエールとジャン』、『脂肪の塊』 短編(「山小屋」「シモンのパパ」「わらいす直しの女」「狂女」「ジュール叔父」) 杉捷夫 訳)

  • フランス文学全集7 ゾラ/モーパッサン、東西五月社、1960年

  • フランス文学全集9 モーパッサン集、東西五月社、1960年
     (『ベラミ』、『女の一生』 関義 他訳)

  • 世界文学全集11 フロベール/モーパッサン、新潮社、1961年
     (『女の一生』 新庄嘉章訳)

  • 世界文学全集33 モーパッサン、河出書房新社、1961年
     (『女の一生』、『ピエールとジャン』 杉捷夫訳、『モントリオル』、小西茂也訳)

  • 世界名作全集17 フロベール/モーパッサン、筑摩書房、1962年
     (『女の一生』 岡田信吉訳)

  • 世界の文学24 モーパッサン、中央公論社、1963年
     (『女の一生』 小佐井信二訳、『死の如く強し』 宮原信訳)

  • 世界短篇文学全集 6/フランス文学/19世紀、集英社、1963年
     (「首かざり」「テリエ亭」室井庸一訳、「ジュール叔父さん」「シモンのパパ」望月芳郎訳)

  • 世界の名作4 モーパッサン、集英社、1964年
     (『女の一生』 新庄嘉章訳)

  • 世界青春文学名作選11、学習研究社、1964年
     (『ピエールとジャン』 杉捷夫訳)

  • 世界文学全集9 フロベール/モーパッサン、河出書房新社、1965年
     (『女の一生』 杉捷夫訳)

  • カラー版 世界文学全集15 フロベール/モーパッサン、河出書房新社、1966年
     (『女の一生』 杉捷夫訳)

  • 近代世界文学19 モーパッサン、筑摩書房、1966年
     (『女の一生』 他)

  • 世界文学全集29 ゾラ/モーパッサン、筑摩書房、1967年
     (『女の一生 』宮原信訳)

  • 世界名作全集6 モーパッサン、河出書房新社、1967年
     (『女の一生』、『ピエールとジャン』、『脂肪の塊』 杉捷夫訳)

  • 世界の文学 ポケット版7 モーパッサン、河出書房新社、1967年
     (『女の一生』、『ピエールとジャン』、『脂肪の塊』 杉捷夫訳)

  • 新訳 世界文学全集25 モーパッサン/ゾラ、講談社、1968年
     (『女の一生』、『水の上』 青柳瑞穂訳)

  • デュエット版世界文学全集39 モーパッサン、集英社、1968年
     (『女の一生』他 秋山晴夫 他訳)

  • 新潮世界文学22 モーパッサン、新潮社、1969年
     (青柳瑞穂、新庄嘉章、杉捷夫、田辺貞之助訳)

  • 世界文学全集40 モーパッサン、集英社、1969年
     (『ベラミ』 中村光夫訳 他)

  • 筑摩世界文学大系47 モーパッサン、筑摩書房、1971年
     (『女の一生 』宮原信訳、『ベラミ』 中村光夫訳、短篇 杉捷夫訳)

  • 世界文学ライブラリー13 モーパッサン、講談社、1971年
     (『女の一生』 青柳瑞穂訳 他)

  • 世界文学全集56 モーパッサン、講談社、1974年
     (『女の一生』、『水の上』 青柳瑞穂訳)

  • 愛蔵版 世界文学全集24 モーパッサン/ゾラ、集英社、1974年
     (『女の一生 』斉藤昌三訳)

  • 世界文学全集7 モーパッサン/フローベル、千趣会、1975年
     (『女の一生 』杉捷夫訳)

  • 世界文学全集58 モーパッサン、集英社、1977年
     (『女の一生』 斉藤昌三訳、『ピエールとジャン』 手塚真一訳)

  • 筑摩クラシックス フロベール/モーパッサン、筑摩書房、1977年
     (『女の一生』 岡田信吉訳)

  • 世界文学全集16 モーパッサン、学習研究社、1978年
     (『ピエールとジャン』、 『脂肪の塊』 高橋孝子訳)

  • グラフィック版 世界の文学16、フロベール/モーパッサン、世界文化社、1978年
     (『女の一生』 河盛好蔵訳)

  • 河出世界文学大系35 モーパッサン、河出書房新社、1980年
     (『女の一生』、『ピエールとジャン』、『脂肪の塊』 杉捷夫訳)

  • 河出世界文学全集11 フロベール/モーパッサン、河出書房新社、1989年
     (『女の一生』、『ピエールとジャン』、『脂肪の塊』 杉捷夫訳)

  • 集英社ギャラリー『世界の文学7』
  • 集英社ギャラリー 世界の文学7 フランスII フロベール『ボヴァリー夫人』、ゾラ『居酒屋』、モーパッサン『女の一生』、19世紀フランス短編集、ボードレール『悪の華』、集英社、1990年
     (『女の一生』、斎藤昌三訳、p. 707-907、「首飾り」「オルラ」、小佐井信二訳、p. 1041-1072.)



3. 文庫(五十音順)

岩波文庫
  • 『ピエルとジャン』、前田晁訳、1928年初版、1938年改版

  • 『頸飾(くびかざり) 他七篇』、前田晁訳、1933年初版
    (「緒言」「頸飾」「帰村」「ホルラ」「愛(猟人日記の三ページ)」「女王オルタンス」「給仕、もう一杯」「山小屋」「二十五フランの金」)

  • 『あだ花 他二篇』、杉捷夫訳、1938年初版
    (「あだ花」「橄欖畑」「オト父子」「あとがき」)

  • 『雨傘 他七篇』、杉捷夫訳、1938年初版
    (「雨傘」「モンジレ爺さん」「あな」「ベロムどんのいきもの」「トワヌ」「うしろだて」「勲章が貰へた!」「論より証拠」「あとがき」)

  • 『酒樽(さかだる) 他六篇』、水野亮訳、1941年初版
    (「酒樽」「紐」「老人」「そのあと」「お通夜」「恐怖」「呪ひのパン」「解説」)

  • 『水いらず・メヌエット 他四篇』、川口篤訳、1955年初版
    (「水いらず」「農家の女中の話」「墓女」「水の上」「ポールの女」「メヌエット」「解説」)

  • 『遺産・百万フラン』、川口篤訳、1955年初版
    (「遺産」「百万フラン」「解説」)

  • 『ロックの娘・ミス・ハリエット 他九篇』、川口篤訳、1956年初版
    (「薪」「旅にて」「泥棒」「ミス・ハリエット」「幸福」「ロックの娘」「難破船」「悪魔」「ラテン語問題」「従卒」「解説」)

  • 岩波文庫『モントリオル』
  • 『モントリオル』上下巻、杉捷夫訳、1957年初版(2005年3刷)




  • 岩波文庫『脂肪のかたまり』
  • 『脂肪の塊』、水野亮訳、550-1、1938年初版、1957年改訳

  • 『脂肪のかたまり』、高山鉄男訳、550-1、2004年初版

  • 岩波文庫『女の一生』
  • 『女の一生』、杉捷夫訳、550-2、1934年初版、1939年、1956年改版




  • 岩波文庫『ベラミ』
  • 『ベラミ』上下巻、杉捷夫訳、550-3、1939-1940年初版、1977改版 (「批評に答える手紙」、下巻、p. 293-300.)



  • 岩波文庫『メゾン テリエ』
  • 『メゾン テリエ 他三篇』、河盛好蔵訳、550-6、1940年初版、1976年改版
    (「メゾン テリエ」「聖水授与者」「ジュール伯父」「クロシェット」「解説」)


  • 『ペルル嬢 他七篇』、杉捷夫訳、550-8、1955年初版
    (「ペルル嬢」「モランの豚野郎」「海の上のこと」「田園挿話「乞食」「山番」「狼」「ある復讐の話」「あとがき」)

  • 『水の上』、吉江喬松、桜井成夫訳、550-9、(吉江訳、1927年)、1955年初版
    (『水の上』「『水の上』とモーパッサンの晩年(吉江喬松)」「新訳の後に(山内義雄)」)

  • 『死の如く強し』、杉捷夫訳、551-0、1950年初版

  • 岩波文庫『口髭・宝石』
  • 『口髭・宝石 他五篇』、木村庄三郎訳、551-1、1954年初版
    (「告白」「ボニファスおやじの罪」「持参金」「寐臺二十九號」「口髭」「寶石」「藁椅子なおしの女」「あとがき」)

  • 『生の誘惑(イヴェット)』、前田晁訳、551-2、1931年初版、1938改版

  • 岩波文庫『モーパッサン短篇選』
  • 『モーパッサン短篇選』、高山鉄男編訳、551-3、2002年初版
    (「水の上」「シモンのパパ」「椅子直しの女」「田園秘話」「メヌエット」「二人の友」「旅路」「ジュール伯父さん」「初雪」「首飾り」「ソヴァージュばあさん」「帰郷」「マドモワゼル・ペルル」「山の宿」「小作人」「解説」p. 281-295.)

*参照文献 『岩波文庫1927-1996 解説総目録(中)』、1997年


旺文社文庫
  • 『女の一生』、稲田三吉訳、1965年
    (『女の一生』「解説」、三宅艶子「『女の一生』の思い出」、「年譜」「あとがき」)

  • 『ピエールとジャン』、稲田三吉訳、1967年
    (「小説について」『ピエールとジャン』「解説」、村上菊一郎「さわやかな感動」、「代表作品解題」「年譜」「あとがき」)

  • 『ジュールおじさん 他十一編』、平野威馬雄訳、1967年
    (「山小屋」「残忍な母」「ローズ」「旅で」「ある田舎娘のはなし」「浮浪者」「オートの父子」「水の上」「狂女」「ジュールおじさん」「あな」「馬にのって」「解説」、江口清「モーパッサンのペシミズム」、「モーパッサン作品暦」「あとがき」)

  • 『くび飾り・メニュエット 他十一編』、平野威馬雄訳、1967年
    (「メニュエット」「あまがさ」「牧歌」「初雪」「マドモワゼル・ペルル」「くび飾り」「ピエロー」「車室にて」「サボ」「二人の友」「マダム・パリス」「叙勲」「月の光」「解説」、矢野目源一「粋な男の魅力」、「代表作品解題」「年譜」「あとがき」)

  • 『脂肪の塊・テリエ楼』、木村庄三郎訳、1974年


改造文庫
  • 『色ざんげ 他十篇』、秋田滋訳、改造文庫(第2部 第280篇)、1937年
    (吉江喬松「モオパッサン短篇集序」p. 3-5.「釣り仲間」「帰郷」「雨傘」「樽」「従卒」「寡婦」「悔恨」「或る自殺者の手記」「舊友の家」「春」「色ざんげ」)

  • 『初雪 他九篇』、秋田滋訳、改造文庫(第2部 第281篇)、1937年
    (吉江喬松「モオパッサン短篇集序」p. 3-5.「他人の春」「伯父」「田舎ぐらし」「頸飾」「狂女」「墓」「法師谷」「親ごゝろ」「晩い初戀」「初雪」)


角川文庫
  • 『脂肪の塊り』、丸山熊雄訳、1951年

  • 『死よりも強し』、山口年臣訳、1951年

  • 『死よりも強し』、木村庄三郎訳、1955年初版、1972年改版

  • 『女の一生』、広津和郎訳、1953年初版、1966年改版

  • 『女の一生』、木村庄三郎訳、1973年

  • 『ピエールとジャン』、杉捷夫訳、1952年初版、1970年改版
    (「小説論」『ピエールとジャン』「解説」「年譜」)

  • 『ベラミ』全2冊、木村庄三郎訳、1954年

  • 『頸飾り 他十三篇』、杉捷夫訳、1954年、1968年改版
    (「シモンのパパ」「百万フラン」「狂女」「ジュール叔父」「テオデュル・サボの告解」「紐」「老人」「頸飾り」「酒樽」「帰村」「ピエロ」「山小屋」「クロシェット」「廃人」「解説」「年譜」)

  • 『メーゾン・テリエ 他三篇』、木村庄三郎訳、1955年
    (「メーゾン・テリエ」「水の上」「穴」「勲章を貰ったぞ!」「解説」)

  • 『モントリオル』全2冊、小西茂也訳、1955年

  • 『太陽の下に』、木村庄三郎訳、1956年

  • 『水の上』、木村庄三郎訳、1956年

  • 『初雪 他五篇』、丸山熊雄訳、1957年
    (「花まつり」「初雪」「内証話」「流し目」「命拾い」「情婦」「解説」)

  • 『ある女の告白 他十九篇』、新庄嘉章訳、1964年
    (「聖水授与者」「僕の妻」「愛撫」「パリの経験」「ある女の告白」「月光」「宝石」「たくらみ」「温室」「めぐりあい」「衣装戸棚」「ロザリー・プリュダン」「難破船」「オトー父子」「ボアテル」「ランデヴー」「港の女」「離婚」「死んだ女」「アルーマ(砂漠の女)」「解説」)

  • 『ロンドリ姉妹 他十二篇』、丸山熊雄訳、1964年
    (「マダム」「ロンドリ姉妹」「蠅」「浮き沈み」「従卒」「粗忽」「懺悔」「車中にて」「ラ・マルチーヌ」「目覚め」「狂気?」「兵隊」「ラ・ロックの娘」「解説」)
  • 角川文庫『ベラミ』
  • 『ベラミ』、中村佳子訳、2013年




河出文庫
  • 『女の一生』、田辺貞之助 訳、1955年

  • 『ピエルとジャン』、関根秀雄 訳、1956年


講談社文庫
  • 『女の一生』、青柳瑞穂訳、1971年

  • 『脂肪の塊・テリエ館』、新庄嘉章訳、1978年

  • 『モーパッサン短編傑作選』、新庄嘉章訳、1980年
    (「聖水授与者」「シモンのパパ」「春の夜に」「パリの情事」「旅にて」「ある女の告白」「月の光」「椅子直しの女」「狂女」「たくらみ」「二人の友」「宝石」旅路」「温室」「ジュール叔父さん」「未練」「紐」「初雪」「洗礼」「雨傘」「首飾り」「めぐりあい」「散歩」「売り家」「ヘアピン」「小作人」「死んだ女」「傷痍軍人」「解説」)


光文社古典新訳文庫『女の一生』 光文社古典新訳文庫
  • 『女の一生』、永田千奈訳、2011年(「解説」p. 437-449.)



  • 光文社古典新訳文庫『脂肪の塊/ロンドリ姉妹』
  • 『脂肪の塊/ロンドリ姉妹 モーパッサン傑作選』、太田浩一訳、2016年
    (「聖水係の男」「「冷たいココはいかが!」」「脂肪の塊(ブール・ド・スュイフ)」「マドモワゼル・フィフィ」「ローズ」「雨傘」「散歩」「ロンドリ姉妹」「痙攣(チック)」「持参金」、「解説」p. 303-321、「訳者あとがき」、p. 331-334.)

  • 光文社古典新訳文庫『宝石/遺産』
  • 『宝石/遺産 モーパッサン傑作選』、太田浩一訳、2018年
    (「宝石」「遺産」「車中にて」「難破船」「パラン氏」「悪魔」、「解説」p. 318-331、「訳者あとがき」p. 341-344.)


集英社文庫
  • 『女の一生』、斉藤昌三訳、1978年


新潮文庫
  • 『女の一生』、廣津和郎譯、1933年

  • 『モオパッサン選集』、平野威馬雄譯、1934年
    (「序」「薔薇」「浮浪者」「髪」「悔恨」「木靴」「あまがさ」「告白」「マグネティスム」「刹那」「野蠻な母」「月光」「狂女」「叙勲」「みなしご」「マダム・パリス」「車室にて」「オートの父子」「臆病者」「L'inutile Beauté」)

  • 『脂肪の塊』、廣津和郎譯、1938年
    (「脂肪の塊」「處女作を書くまで」)

  • 『春の戯れ』、前田晁譯、1939年
    (「解題」「春の戯れ」「大佐の意見」「シモンの父」「穴」「小さな兵士」「ピン」「盲人」「墓」「棄てられた人」「小さな樽」「アマブル爺さん」『平凡人の日曜日』(「遠足の準備」「最初の遠足」「友達の家で」「釣」「二名家」「祭の前」「悲しい話」「戀の試み」「晩餐會と或意見」「公衆大會」))

  • 新潮文庫『女の一生』
  • 『女の一生』、新庄嘉章訳、1951年初版、1988年88刷改版、2012年113刷改版




  • 新潮文庫『脂肪の塊・テリエ館』
  • 『脂肪の塊・テリエ館』、青柳瑞穂訳、1951年初版、1967年22刷改版、2012年68刷改版




  • 『水の上』、青柳瑞穂譯、1951年(「あとがき」p. 164-167.)

  • 『ピエールとジャン』、杉捷夫訳、1952年初版

  • 『ベラミ』、田辺貞之助訳、1953年初版(上下巻)、1970年改版(一冊)

  • 『死のごとく強し』、田辺貞之助訳、1953年初版、1970年23刷改版

  • 『モーパッサン短編集』 I-VI、青柳瑞穂・河盛好蔵訳、1956-1957年

  • 新潮文庫『モーパッサン短編集』1巻
  • 『モーパッサン短編集 I』、青柳瑞穂訳、1971年初版、2013年43刷改版
    (「トワーヌ」「酒樽」「田舎娘のはなし」「ベロムとっさんのけだもの」「紐」「アンドレの災難」「奇策」「目ざめ」「木靴」「帰郷」「牧歌」「旅路」「アマブルじいさん」「悲恋(ミス・アリエット)」「未亡人」「クロシェート」「幸福」「椅子なおしの女」「ジュール叔父」「洗礼」「海上悲話」「田園悲話」「ピエロ」「老人」「あとがき」)

  • 新潮文庫『モーパッサン短編集』2巻
  • 『モーパッサン短編集 II』、青柳瑞穂訳、1971年初版、2008年36刷改版
    (「あな」「蠅」「ポールの恋人」「春に寄す」「首かざり」「野あそび」「勲章」「クリスマスの夜」「宝石」「かるはずみ」「父親」「シモンのとうちゃん」「夫の復讐」「肖像画」「墓場の女」「メヌエット」「マドモワゼル・ペルル」「オルタンス女王」「待ちこがれ」「泥棒」「馬に乗って」「家庭」「解説」)

  • 新潮文庫『モーパッサン短編集』3巻
  • 『モーパッサン短編集 III』、青柳瑞穂訳、1971年初版、2006年30刷改版
    (「二人の友」「狂女」「母親」「口ひげ」「ミロンじいさん」「二十九号の寝台」「捕虜」「ヴァルター・シュナッフスの冒険」「廃兵」「従卒」「恐怖」「オルラ」「たれぞ知る」「手」「水の上」「山の宿」「狼」「月光」「パリ人の日曜日」「あとがき」)


創元文庫
  • 『女の一生』、木村庄三郎訳、1951年

  • 『母の秘密』(ピエールとジャン)、木村庄三郎訳、1952年

  • 『ベラミ』、木村庄三郎訳、1952-3年

  • 『死の如く強し』、木村庄三郎訳、1954年


ちくま文庫
    ちくま文庫『モーパッサン短篇集』
  • 『モーパッサン短篇集』、山田登世子編訳、2009年
    (「みれん」「ざんげ」「ジュールおじさん」「ミス・ハリエット」「首飾り」「旅にて」「森のなか」「逢いびき」「オンドリが鳴いたのよ」「ピクニック」「宝石」「男爵夫人」「めぐりあい」「水の上」「死せる女」「亡霊」「眠り椅子」「死者のかたわらで」「髪」「夜」「解説」p. 295-301. )


ちくま文学の森
  • 『美しい恋の物語』(未亡人)、筑摩書房、「ちくま文学の森1」、1988年


ハルキ文庫
    ハルキ文庫『モーパッサン傑作選』
  • 『モーパッサン傑作選』、太田浩一訳、1998年
    (「剥製の手」「聖水係の男」「シモンのパパ」「水の上」「わら椅子なおしの女」「マドモワゼル・ココット」「宝石」「初雪」「雨傘」「髪の毛」「火星人」「あだ花」「女主人」「すくわれたわ」「ロンドリ姉妹」「訳者あとがき」)


福武文庫
  • 『モーパッサン怪奇傑作集』、榊原晃三訳、1989年
    (「手」「水の上」「山の宿」「恐怖 その一」「恐怖 その二」「オルラ(決定稿)」「髪の毛」「幽霊」「だれが知ろう?」「墓」「痙攣」「訳者あとがき」p. 207-218.)


三笠文庫
  • 『初雪・内証話』、丸山熊雄訳、1952年

  • 『ロンドリ姉妹・従卒』、丸山熊雄訳、1952年

  • 『森の中・秘伝』、丸山熊雄訳、1952年

  • 『快楽』、長塚隆二訳、1952年
    (「モデル」「メゾン・テリエ」「マスク」)



4. その他

a. 短編集
  • 『モーパッサン短篇傑作集』、三宅野花訳、梁江堂書店、1909(明治42)年

  • 『短篇十種 モウパッサン集』、前田晁訳、博文館、1911(明治44)年
    (「例言」「モウパツサン小傳」「ホルラ」「穴」「シモンの父」「愛」「頸飾」「盲人」「樽」「二兵士」「大佐の話」「宿屋」)

  • 『モオパッサン傑作集』、馬場孤蝶訳、如山堂書店、1914(大正3)年
    (「序」「親殺」「初雪」「月夜」「鐘の音」「負債」「月かげ」「モオパッサンと紀行」「小説論」)

  • 『女の髪』、三宅松郎訳、梁江堂書店 カナメ叢書第二編、1914(大正3)年

  • Trois contes de Guy de Maupassant, avec une traduction anglaise par Lafcadio Hearn, Dobunkan(佛英対訳モーパサン短篇集、ヘルン(ラフカディオ・ハーン)訳)、1927(昭和2)年

  • 『袖珍世界文學叢書3 モオパッサン集』、上濱清一訳、中央出版社、1928(昭和3)年
    (『女の一生』「樽」「穴」「悔恨」「木靴」「雨傘」「頸飾」「愛」「授洗の日」「自殺倶樂部」「モウパッサンに就て」)

  • The Adventures of Walter Schnaffs and Other Stories, translated by Lafcadio Hearn, with an Introduction by Albert Mordell, Hokuseido Press(『モウパッサン短篇集』、ヘルン(ラフカディオ・ハーン)訳、北星堂)、1931(昭和6)年

  • 『モオパッサン短篇集』、青柳瑞穂訳、春陽堂、世界名作文庫133、1933年

  • 『ノルマンヂ物語 モーパッサン短篇小説』、杉捷夫訳、白水社、1938年

  • 『晩い初恋』、秋田滋訳、建設社、1946年

  • 『月光 名作恋愛小説集』、根津憲三訳、二見書房、1946年

  • 『結婚第一歩』、平野威馬雄訳、明文社、1946年

  • 『白亜の家の女』、平野威馬雄訳、翰林社、1946年

  • 『一夜』、川口彰一訳、文園書院、1946年

  • 『二人の友 その他』、青柳瑞穂訳、白桃書房、1946年

  • 『目ざめ その他』、青柳瑞穂訳、白桃書房、1946年

  • 『山の宿』、青柳瑞穂訳、白桃書房、1946年

  • 『ペルル嬢』、杉捷夫訳、斉藤書店、1947年

  • 『モオパッサン短篇選集 幸福』、大塚幸男訳、出光書店、1947年

  • 『他人の春』、秋田滋訳、建設社、1947年

  • 『悪魔伯夫人』、勝見勝訳、共立書房、1948年

  • 『或る自殺者の手記』、秋田滋訳、建設社、1948年

  • 『結婚の夜の悪戯』、秋田滋訳、若草書房、1948年

  • 『情炎傑作集』、河盛好蔵訳、世界文学社、1948年

  • 『情炎 モーパッサン傑作集1』、平野威馬雄訳、萬里閣、1948年

  • 『発狂 モーパッサン短編集』、古田義一訳、玄潮社、1948年

  • 『待ちこがれ モオパッサン短篇集』、青柳瑞穂訳、青磁社、1948年

  • 『モオパッサン縮冊全集1』、平野威馬雄訳、フランス書房、1948年

  • 『モオパッサン短篇集』、秋田滋訳、日本社、日本文庫16、1948年

  • 『モーパッサン短篇傑作選集』2巻、杉捷夫訳、酣燈社、1948年

  • 『或る未亡人 モオパッサン短篇集』、青柳瑞穂訳、能楽書林、ざくろ文庫12、1949年

  • 『艶笑小説集』、小西茂也訳、青磁社、1949年

  • 『墓場稼ぎの売笑婦』、秋田滋訳、暁書房、1949年

  • 『ミスハリエット』、川口篤訳、養徳社、1949年

  • 『港の女』、新庄嘉章訳、青磁社、ロマンチック叢書4、1949年

  • 『モーパッサン恋愛小説集』、豊島與志雄・青柳瑞穂・水野亮・秋田滋・大西忠雄・川口篤・吉江喬松・河盛好蔵・岸田國士訳、文化評論社、1949年

  • 『モオパッサン短篇集』、青柳瑞穂訳、講談社、1950年

  • 『恋愛家系』、平野威馬雄訳、国民教育社、1950年

  • 『モウパッサン短篇集』、新庄嘉章訳、小峰書店、少年少女のための世界文學選15、1951年

  • 『初夜 ユーモア綺譚集』、田辺貞之助訳、名曲堂、1951年

  • 『モーパッサン短篇小説集』、秋田滋訳、啓文館、1952年

  • 『脂肪の塊』、白石啓三訳、創人社、1955年

  • 『モーパッサン愛欲短篇集 始めに罪あり』、塩田武訳、朋文社、1957年

  • 『二人の友・頸かざり』、青柳瑞穂訳、新学社、新学社文庫、1968年

  • Short stories by Guy de Maupassant, translated by Lafcadio Hearn, edited with notes by Keigo Itami, Hokuseido Press(『モーパッサン短篇集』、ヘルン(ラフカディオ・ハーン)訳、北星堂書店)、1969年

  • 『ミス・ハリエット』、石田明夫訳、パロル舎、1998年
    (「ミス・ハリエット」「特別商品」「帰郷」「死刑囚」「政変」「聖アントワーヌ」「ブールド・スュイフ(脂肪の塊)」「訳者あとがき」)

  • 『ロックの娘』、太田浩一訳、パロル舎、1998年
    (「ロックの娘」「修道院長の二十五フラン」「持参金」「オトー父子」「モアロン」「蠅 ――あるボート乗りの思い出」「ボンバール」「マドモワゼル・ペルル」「訳者あとがき」)

  • 梨の木社『残酷短編集』
  • 『モーパッサン残酷短編集』、鈴木暁、森佳子監訳、梨の木舎、2004年
    (「マロカ」「モン=サン=ミッシェルの伝説」「ためしてはみたけれど」「ベルト」「ロバ」「猫――アンティーブ岬にて」「通夜」「あとがき」「付 実践的翻訳論――どう読み、どう訳すか」)

  • 『モーパッサン短篇選集』、原田芳郎監修、小林範子・河野優子訳、弘学社、2014年
    (「野遊び」「一家のはなし」「メヌエット」「遠乗り」「雨傘」「首飾り」「椅子直しの女」「後悔」「ジュール叔父さん」「帰郷」「老人」「クロシェット」「二人の友」「捕虜」「オルラ」)

  • 理論社『首飾り』
  • 『世界名作ショートストーリー モーパッサン 首飾り』、平岡敦訳、理論社、2015年
    (「首飾り」「手」「シモンのパパ」「酒樽」「クロシェット」「穴場」「マドモワゼル・ペルル」「老人」「ジュール叔父さん」「訳者あとがき」)




b. 他
  • 『レディースマン』、鴻巣歌吉訳述、鐘美堂書店、1914(大正3)年

  • 『ピエル・エ・ジャン』、半田良平訳、アカギ叢書、1914(大正3)年

  • 『死の如く強し』、中村星湖訳、博文館、1914(大正3)年

  • 『美貌の友(ベラミー)』、廣津和郎訳、國民教育普及会、1925(大正14)年

  • 『吾等の心』、高木安雄訳、春陽堂、世界名作文庫、1932年

  • 『死の如く強し』、中村星湖訳、改造社、改造文庫、1934年

  • 『美貌の友(BEL-AMI)』、廣津和郎訳、那須書房、1936年

  • 『モーパッサン戯曲集』、平野威馬雄訳、改造社、改造文庫、1940年

  • 『女の一生』、飯田豊二訳、新文社、世界名著物語文庫、1946年

  • 『女の一生』、広津和郎訳、新体社、1947年

  • 『われらの心』、水野成夫訳、酣燈社、1947年

  • 『巴里人の日曜日』、青柳瑞穂訳、白桃書房、1947年

  • 『太陽の下に』、江口清訳、思索社、1948年

  • 『水の上』、斉藤正直訳、大地書房、1948年

  • 『モーパッサン詩集』、堀田善衛訳、酣燈社、詩人全書、1950年

  • 『放浪生活』、横塚光雄訳、創藝社、世界名作選、1950年

  • 『水の上』、斉藤正直訳、河出書房、市民文庫、1953年

  • 『女の一生』、足沢良子訳、岩崎書店、ジュニア版世界の文学6、1967年

  • 『女の一生 ベラミ』、宮原信他訳、フランクリン・ライブラリー、1988年
  • 西村書店『ネックレス』
  • 『ネックレス』、ゲーリー・ケリー絵、もきかずこ訳、西村書店、1997年




  • イースト・プレス『まんがで読破 女の一生』
  • 『まんがで読破 女の一生』、バラエティ・アートワークス企画・漫画、イースト・プレス、2012年






c. アンソロジー収録
  • 『フランス小説集』、渡邊一夫・杉捷夫編、みすず書房、1951年
    (「乞食」、杉捷夫訳、p. 235-241.)

  • 創元推理文庫『怪奇小説傑作集』4巻
  • 『怪奇小説傑作集』、第4巻、アポリネール他、青柳瑞穂・澁澤龍彦訳、創元推理文庫、1969年
    (「手」、青柳瑞穂訳、p. 303-314.)



  • 創元推理文庫『ミニ・ミステリ傑作選』
  • 『ミニ・ミステリ傑作選』、エラリー・クイーン編、吉田誠一他訳、創元推理文庫、1975年
    (「復讐」、中村保男 訳、p. 274-279.「正義の費用」、中村保男 訳、p. 280-287.)


  • 『世界短編名作選 フランス編1』、蔵原惟人監修、新日本出版社、1977年
    (「脂肪のかたまり」、平田襄治訳、p. 205-246.「首飾り」、栗須公正訳、p. 247-257.)

  • 『フランス幻想文学傑作選』、3巻、窪田般彌・滝田文彦編、白水社、1982年
    (「手」、「オルラ」(初出版)、宮原信訳・解説、p. 84-102.)

  • 白水Uブックス『フランス幻想小説傑作集』
  • 『フランス幻想小説傑作集』 窪田般彌・滝田文彦編、白水Uブックス、1985年
    (「オルラ」(初出版)、宮原信訳・解説、p. 171-186.)



  • 『遊女クラリモンドの恋 フランス・愛の短編集』、野内良三編訳、旺文社文庫、1986年
    (「旅路」、p. 5-17.)

  • 河出文庫『世界怪談名作集』下巻
  • 『世界怪談名作集』、岡本綺堂編・訳、上下、河出文庫、1987年
    (「幽霊」、下巻、p. 241-256.)



  • 『猫百話』、柳瀬尚紀編、ちくま文庫、1988年
    (「ネコについて」、小林龍雄訳、p. 174-180.)

  • 『フランス・ユーモア文学傑作選 笑いの錬金術』、榊原晃三・竹内廸也編、白水Uブックス、1990年
    (「百万フラン」、訳・解説=榊原晃三、p. 70-78.)

  • ちくま文庫『怪奇小説精華』
  • 『世界幻想文学大全 怪奇小説精華』、東雅夫編、ちくま文庫、2012年
    (「オルラ」、青柳瑞穂訳、p. 402-445.)



  • ちくま学芸文庫『高校生のための文章読本』
  • 梅田卓夫、清水良典、服部左右一、松川由博編、『高校生のための文章読本』、ちくま学芸文庫、2015年
    (「『ピエールとジャン』序文」、稲田三吉訳、p. 16-20. 解説、p. 388-391.)




d. 語学教科書

一般書籍
  • 『二人の友』、作者 モオパッサン、譯註者 岸田國士、白水社、「佛蘭西文學譯註叢書第一篇」、1925(大正14)年
    (「二人の友」、「マドムアゼル・ペルル」)

  • 『初雪』、G. モォパッサン原作、大塚幸男譯註、大学書林、「仏蘭西短篇小説對譯叢書 第二篇」、1937年
    (「初雪」、「旅にて」)

  • 『モーパッサン短篇集(1)』、成沢理平訳注、第三書房、「フランス名作対訳双書」、1951年
    (「捕虜」、「ジュール叔父さん」、「遠乗り」)

  • 『モーパッサン短篇集(2)』、久保井平治訳注、第三書房、1958年
    (「シモンのパパ」、「狂女」、「月光」、「宝石」)

  • 『首飾り 他三篇』、小泉清明訳注、大学書林、「大学書林語学文庫」、1954年
    (「首飾」、「ジュール伯父」、「椅子直しの女」、「酒樽」)

  • 『女の一生』、大塚幸男訳注、大学書林、「大学書林語学文庫」、1958年
    (I, V, VI章)

  • 『モーパッサン短篇集 I』、伊東英・調佳智雄訳注、大学書林、1982年
    (「シモンのパパ」、「椅子直しの女」、「二人の友」、「宝石」)

  • 『モーパッサン短篇集 II』、伊東英・調佳智雄訳注、大学書林、1984年
    (「ヴァルター・シュナフスの冒険」、「ジュール叔父さん」、「雨傘」、「首飾り」)

  • 『脂肪の塊』、調佳智雄訳注、大学書林、1988年

  • NHK出版『フランス語で読むモーパッサン』
  • 佐藤若菜、『フランス語で読むモーパッサン 対訳 ジュールおじさん・首飾り・シモンのパパ』、NHK出版、2011年



教科書
  • 『初雪(改訂版)』、河盛好蔵編、白水社、1958年
    ("Le Donneur d'eau bénite", "Le Papa de Simon", "Moiron", "Le Parapluie", "Première neige")

  • 『シモンのパパ』、山内義雄・石井美久編、第三書房、《モーパッサン》珠玉短編集1、1956年
    ("Le Papa de Simon", "La Parure", "Le Donneur d'eau bénite")

  • 『ジュール叔父さん』、横部得三郎・木内林太郎編、第三書房、《モーパッサン》珠玉短編集2、1957年
    ("Mon oncle Jules", "Le Baptême", "Les Bijoux" "En voyage")

  • 『初雪』、三木治・高塚洋太郎編、第三書房、《モーパッサン》珠玉短編集3、1957年
    ("Première Neige", "Le Parapluie")

  • 『椅子直しの女』、秋山晴夫・室井庸一編、第三書房、《モーパッサン》珠玉短編集4、1958年
    ("Par un soir de printemps", "En voyage", "L'Infirme", "La Rempailleuse", "Clair de lune")

  • 『みれん』、佐野一男編、第三書房、《モーパッサン》珠玉短編集8、1960年
    ("Regret", "Le Fermier")

  • 『かんらん畑』、杉捷夫・宮原信編、第三書房、《モーパッサン》珠玉小説集3、1961年
    ("Le Champ d'oliviers")

  • 『謎』、宮原信編、第三書房、《モーパッサン》珠玉小説集4、1977年
    ("Qui sait ?")

  • 『脂肪の塊り』、宮治弘之編、朝日出版社、1971年

  • 『7つの短篇』、林良児編注、三修社、1980年
    ("La Confession", "Le Vieux")

  • 『モーパッサン幻想コント』、小池健男・田村好三編、三修社、1983年
    ("La Morte", "Magnétisme", "Apparition", "Conte de Noël")

  • 『モーパッサン小品集 Six Contes de Maupassant, rédigé par R. de Roussy de Sales』、前田英樹編注、三修社、1988年
    ("Le Vieux", "La Confession", "Une page d'Histoire inédite", "La Parure", "Le Voleur", "La Ficelle")




e. 復刻版
  • 『明治翻訳文学全集 新聞雑誌編』31巻「モーパッサン集 I」、川戸道昭、榊原貴教編集、ナダ出版センター、1997年

  • 『明治翻訳文学全集 新聞雑誌編』32巻「モーパッサン集 II」、川戸道昭、榊原貴教編集、ナダ出版センター、1999年

  • 『大正期翻訳文学画像集成 雑誌編』5巻「モーパッサン集」(CDロム)、川戸道昭、中林良雄、榊原貴教編集、ナダ出版センター、2004年




f. 時評文・評論
  • 「ギュスターヴ・フローベール」(抄)、宮原信訳、『フローベール全集』、筑摩書房、第10巻、1970年、p. 447-459.

  • 「役人」、鹿島茂訳、バルザック『役人の生理学』、新評論、1987年(ちくま文庫、1997年、225-234頁、講談社学術文庫、2013年、205-213頁)

  • 「コロンバの祖国」、長谷川秀樹訳、『千葉大学社会文化科学研究』、vol. 7、2003年、p. 163-165.






Ce site vous présente les informations essentielles (en japonais !)
pour approfondir vos connaissances sur Guy de Maupassant ; biographie, listes des œuvres, bibliographie et liens utiles, etc.

En même temps, nous vous présentons la traduction en japonais des œuvres de Maupassant, théâtre, poèmes, chroniques, et bien sûr, contes et nouvelles !


© Kazuhiko ADACHI