モーパッサン 『メダンの夕べ』

Les Soirées de Médan, le 17 avril 1880



(*翻訳者 足立 和彦
  著作権は執筆者に帰属します。無断転載を禁じます。)

メダン、ゾラの家 解説 1880年4月17日、日刊紙ゴーロワ Le Gaulois に掲載された、短編集『メダンの夕べ』の一種の宣伝文。本書所収『脂肪の塊』によってモーパッサンは小説家としての名声を獲得する。翌月よりゴーロワ紙と契約を結び、専業作家としての道がスタートすることになる。
 本文にある通り、70年代後半、メダンに土地を購入したゾラはそこに住まい、彼を慕う若い文学青年達が集うようになった。『メダンの夕べ』の題名には「自然主義宣言」の意味合いが明瞭に込められている。最初ユイスマンスは『滑稽な侵入』という題を提唱したが、80年当時まだ盛んだった愛国主義的文学、プロシア報復論への諷刺の意図がそこに見て取れよう。
 フロベールの教えによって、芸術家は独立と自由を保持しなければならないと考えるモーパッサンにとって、このタイトルは「良くないし、危険」(フロベール宛書簡、4月23日頃)なものと映っていた。一週遅れで出版の『詩集』が「自然主義」のレッテルと決別させてくれることを期待する。本記事でも冒頭に「流派」を否定しているが、事実はそう簡単には運ばなかったと言えるだろう。
 『デカメロン』さながらの牧歌的なモーパッサンの叙述を文字通りに信じることは出来ない。より事実に即した説明はフロベール宛書簡(80年1月5日)に窺うことが出来るが、ここでモーパッサンは批評家の矛先をかわす先手を打っている。ここに見られるユーモアは、その後の時評文の一つの特徴を成すものでもある。また文学的「流派」を否定しながらも、思想観、文学観が表明されている点でも重要な文章である。


***** ***** ***** *****


どのようにしてこの書が作られたか

ゴーロワ紙編集長様

 貴方の新聞が最初に『メダンの夕べ』を告知してくださり、今日はこの本の由来に関する何か特別な詳細をお求めになりました。もし我々がある流派の概念を主張し、宣言を提示したいと望んだのだとすれば、我々が成し遂げたと主張するところのものを知るのが興味深いように思われたのでしょう。
 そうした幾つかのご質問にお答えしましょう。
 我々は一流派を成すと主張するものではありません。ただ単に我々は友人同士であり、共通の賞賛の思いがゾラの家に集わせることになり、それから、気質の類似、あらゆる物事に対する大変に似通った感情、同じ哲学的傾向がより一層我々を結びつけたのです。
 私自身に関しましては、文学者としてまだ何者でもないのですから、ある流派に属しているなどとどうして主張することが出来るでしょう? あらゆる世紀のあらゆるジャンルにおいて優れていると思うものを、私は何でも区別なく賞賛します。
 しかしながら、我々の内には明確に、ロマン派の精神に対する無意識的で宿命的な反発が生まれたのですが、それは文学の世代は入れ替わり、互いに似ていることはないというだけの理由によるのです。
 不滅の傑作を生み出したとはいえども、少なくともロマン主義が我々を驚かすのは、偏にその哲学的な帰結においてです。ユゴーの作品が部分的にもヴォルテールやディドロの作品を破壊したことを我々は残念に思います。ロマン主義者達の仰々しい感傷主義によって、彼等の教条的なまでの法と論理への軽蔑によって、古き良識、モンテーニュやラブレーの古き叡智は、我々の国からほとんど姿を消してしまいました。彼等は正義の概念を許しの概念に置き換えることで、我々の内に慈悲深く感情豊かな感傷癖を広め、それが理性に取って代わったのです。
 彼等のお蔭で、いかがわしい紳士方や若い女性で一杯の劇場は、舞台の上に一人の単純な道楽者さえ許容することが出来ません。群集の抱くロマン主義的な道徳が、裁判においては、心をうっとりさせるようであるが言訳の余地のない、ある個人やふしだらな女性を無罪放免にさせるのです。
 この流派の(というのも流派が問題だからです)偉大な大家に対して留保のない賞賛の念を私は抱くのですが、しばしば理性の側からの反抗が付け加わります。何故なら私はショーペンハウエルとハーバート・スペンサーは人生について、『レ・ミゼラブル』の有名な作家よりも率直な、多くの思想を持っていると思うからです。――以上が私が敢えてする唯一の批判で、ここでは文学は問題になっていません。――文学的には、我々にとって疎ましく思われるのは、涙を誘う古びた手回しオルガンの音であり、ジャン・ジャック・ルソーがその仕組みを発明し、私の期待するところではフゥイエ氏で打ち止めの一連の作家が、執拗にクランクを回しては、物憂く、偽りの曲を飽きもせずに繰り返し続けたのでした。
 言葉の上での争いに関しては、現実主義も理想主義も、私には分かりません。
 曲げようのない哲学的法則が我々に教えるのは、我々の感覚に触れるものの他には、我々は何も想像することが出来ないということです。そしてその非力さの証拠となるのが、理想的と言われる概念や、あらゆる宗教によって考え出された天国の愚かさです。従って我々には唯一の対象があるのです。すなわち「存在」と「生命」であり、それを芸術家として理解し、解釈することが出来なければいけないのです。もしもそれについて正確であり、同時に芸術的に優れた表現を生むことが出来なければ、十分な才能を持っていないということです。
 レアリストと評される一人の男性が出来るだけ良く書きたいと苦慮し、芸術についての関心に絶えず捕らわれているのならば、私の感覚からすれば彼は理想主義者です。あたかも実際にそうであるのと違った風に人生を思い描くことが出来るかのように、人生を自然以上に美しいものにしようと、自分の書物の中に天を描こうと主張し、そして「奥様のための小説家」として書く者に関して言えば、少なくとも私の意見では、いかさま師か、さもなければ馬鹿者でしかありません。――私は妖精物語を賞賛しますし、付け加えておけば、こうした類の着想も、それ固有の特殊な領域においては、現代生活を描くどんな風俗小説よりも本当らしくなるに違いありません。
 以下これから、我々の書に関する幾らかの注釈です。
 夏、メダンに所有のゾラの家に我々は集まりました。
 長い食事の時間をかけた消化(何故なら我々は皆大食家で美食家でもあり、ゾラは一人で普通の小説家三人分は食べるのです)の間、私達は話をしていました。彼はこれから書く小説、文学観、あらゆるものについての意見を述べました。何度か彼は銃を手に取り、近眼の目で操ると、話を続けたまま草むらに向かって撃ったものです。我々が彼に鳥ですよと断言したのです。死骸が全く見つからないと彼は大層驚くのでした。
 ある日には釣りをしました。エニックは腕を見せ、ゾラをがっかりさせたものです。彼にはぼろ靴しか釣れないのでした。
 私はボート「ナナ」号の底に横になったり、あるいは何時間も泳いだりしました。その時、ポール・アレクシは際どい想像をしながら歩き回り、ユイスマンスは煙草を吸い、セアールは退屈し、田舎は馬鹿げていると思うのでした。
 そんな風にして午後が過ぎます。けれど夜が素晴らしく、熱気がこもって、葉々の香りに満ちた頃には、毎晩、正面の「大島」に散歩へ出かけました。
 私は皆を「ナナ」で運びました。
 さて、ある満月の夜、我々はメリメの話をしていました。彼について奥様達は言ったものです。「なんて魅力的な短編作家でしょう!」ユイスマンスは大体、次のように言いました。「短編作家とは、書くことを知らないで無駄話を気取ってしゃべり散らす男さ」
 あらゆる有名な短編作家が引き合いに出され、生き生きとした声で語る者が褒めそやされましたが、中で最も優れているのは、我々の知る限りでは偉大なロシア作家トゥルゲーネフ、ほとんどフランス人であるあの大家です。ポール・アレクシは一編の短編を書くのはとても難しいと主張しました。懐疑家のセアールは月を眺めながら呟きます。「ほら、美しくロマンチックな装飾だ、あれを利用しなければならないだろう・・・」ユイスマンスが付け加えました。「・・・感情溢れる物語を語る際には」けれどゾラはそれは一つの思いつきだと考え、それぞれ物語をするべきだと言いました。その発想は我々を笑わせ、そして困難を増やすために、最初の者の選んだ枠組みを他の者も採用し、そこに別々の出来事を繰り広げるようにという合意がなったのでした。
 座りに行くと、和んだ田園のゆたかな休息の中、眩い月明かりの下で、ゾラは戦争についての不吉な物語の恐ろしい一ページを我々に語ったのです。それが『水車小屋の襲撃』でした。
 彼が語り終えると、皆が叫びました。「それを早く書かなければ」
 彼は笑い出しました。「もう出来ているのさ」
 翌日が私の番でした。
 ユイスマンスはその次の日、熱意のないある国民遊撃隊の惨めな物語で我々を大いに楽しませました。
 セアールはパリの包囲について語り、新しい説明を加え、哲学に溢れ、本当でないにせよ絶えず本当らしく、ホメロスの古い詩以来常に現実である物語を繰り広げました。何故なら、もしも女性が永遠に男達に愚かな行為をそそのかすものとすれば、自分の利益から特別に好意をかける兵士達は、必然的に他の者よりも一層そのことに苦しむからです。
 エニックはもう一度、人間は、しばしば知的で理性的であっても、孤立し、しかも多数である時には必ず獣と化すということを示して見せました。――それは群集の陶酔とも呼びうるものです。――娼館の占拠と可愛そうな娘達の虐殺以上に、同時に滑稽で恐ろしいものを私は知りません。
 けれどもポール・アレクシは主題が見つからずに四日、私達を待たせました。彼は死体を汚したプロシア人達の物語をしようと思いました。我々の憤慨が彼を黙らせると、戦場に亡くなった旦那を探しに行った立派な奥様が、一人の哀れな傷痍兵に「うっとりする」に任せるという面白い小話を思いつきました。――そしてこの兵士は神父なのです。
 ゾラはこれらの物語を興味深く思い、それを一冊の本にすることを提案しました。
 以上が、編集長様、急いで書き上げました注釈ですが、貴方の興味を引く全ての詳細が含まれているように思います。
 貴方の好意に感謝すると共に、敬具
ギ・ド・モーパッサン

ゴーロワ紙、1880年4月17日付




Ce site vous présente les informations essentielles (en japonais !)
pour approfondir vos connaissances sur Guy de Maupassant ; biographie, listes des œuvres, bibliographie et liens utiles, etc.

En même temps, nous vous présentons la traduction en japonais des œuvres de Maupassant, théâtre, poèmes, chroniques, et bien sûr, contes et nouvelles !


© Kazuhiko ADACHI